apple表参道で実際にipad proを買ってみたレポ

あやりり(@ayariri_motu)です。
今回は実際にappleでipad proを購入してきた時の話です。
ストアが遠いからいつもネットで買ってるよーという方も、参考にして頂けると嬉しいですー。


都内のappleストアは、銀座・表参道・渋谷の3箇所。
今回は前回に引き続き表参道に行ってみたよ
スポンサーリンク



用事があるときは入り口のアップルお兄さんに頼ろう!

今回仕事が休みだった平日に行ってきました。
店内はそれなりに賑わっていましたが、前回の休日に比べると若干少なめ。
とりあえずいい感じに声かけてくれないかなー、とipad proの周辺をうろうろしてみました。
・来て欲しいときには店員さんは来てくれない法則
前回外人スタッフさんがぐいぐい来た記事を書きましたが、これが欲しいときには全く来ない。
スマートキーボードをかたかたしてみたり、apple pencileでお絵描きしてみたりしましたが、一向に来ない。
隣では子供連れお母さんに爽やかイケメンお兄さんが熱心に話していました。
私もイケメンお兄さんに接客されたいなーとタイミングを伺っていましたが、一向に終わりそうにないので自分から申し出ることにしました。
・入り口に立っているお兄さん
ipad pro売り場以外にも店員さんはいましたが、とりあえず案内人のお兄さんに頼ってみることに。
「あのーipad proの購入を考えているんですけど。」
案内人「ipad proの購入ですね!すぐに担当者を呼ぶので少しお待ち下さい!!」
ちゃんと担当者決まってるんですね。
ということで何かあるときは入り口にいる案内人に頼るのが早いよ!!
・爽やかイケメンが来た
担当者してくれたのは爽やかイケメン男子でした。
恐らく歳下の。
やっぱりテンション上がります。
「ipad pro買われるんですんね!!何に使いたいとかありますか?お仕事で使われるんですか?」
!!
ここに来て謎の見栄はり欲が出た私。
そうですね・・・ちょっと出先で資料作ったりとか、いろいろしたくて。あとイラストも書いたりするんで。

出先で資料とか作らないです。
そんな格好いい仕事してないです。
強いて言えばおしゃれなカフェでドヤ顏でブログ書いてみたかっただけです。
「そーなんですね!ipad pro買われる方はけっこうがっつり外でも使いたいって方が多いんですよね!」
そーなんだ。私にはやっぱりオーバースペックすぎる買い物だったのかも・・・。と謎の後悔に包まれました。
「それではどのipad proにするか決めていますか?」
決めてました。ipad pro 10.5インチ cellularモデル64Gのスペースグレイです。
もともとipad miniはキャリアで契約しており、LTE通信していたので、これを移そうと。
スペースグレイにしたのは唯一ベゼルが黒だからです。
よりmacbookに近い感じでかっこいいなーと。
あとは付属品でapple pencilとSmart Keyboardを購入しました。
買うはずじゃなかったスマートキーボード・・・
すぐ横のお兄さんがこの3点セットを購入している姿を見て、気づいたら「スマートキーボードも」と、口から出ていました。
今のところけっこう使っているのでまぁ良かったかな。

使ってないiphoneを買い取ってもらうべし!

実は知らなかった下取り制度。
ipad proについてネットで調べまくってるときに知りました。
使ってないiphone があったら下取りしてその場でギフトカードにしてくれるというもの。
もちろんそのまま購入資金にできます。
今回は家で眠っていたiphone 5sを買い取ってもらい、7000円浮かせることができました
これは知らないと損ですね!
手続きも簡単なので、自分で売ったりするより楽で良かったなーと思います。

いよいよ購入!

下取りが終わったらいよいよ購入です。
バーコードリーダー付きのiphone を駆使していよいよ購入!
スマートキーボードを急遽買うことにしてしまったため既に予算オーバーです。
そしてここでさらなる追加料金が・・・
AppleCareはつけますか?
きたきた。
今まで大切に製品を扱ってきた私。
画面破損させたこともないし、ホームボタンが故障したこともない。
これまでも一応加入してきましたが、一回も利用したことがありませんでした。
「はいりません。」
即答です。
しかしお兄さん続けます。
「画面割れしたときの修理代知ってますか?」
知りません。させたことないし・・・
「一応見てみてみます?5万円です。」
ご・・・・ごまんえん・・・・
「ちなみにAppleCare入っていたら4400円で済みます。トラックにひかれて粉々とか、破片だけの状態などよっぽどでなければ対応します。」
えぇ
これだけ高い製品だからそうそう買い換えることはないし、持ち歩く頻度が多くなりそうだからな・・・落とすリスクとかも高いよな・・。
結局入ることにしたのでした。
ちなみに
「ほんとに粉々になったiphoneとか持ち込む人いるんですか?」
「たまーにですが、いますね。割れた破片だけ持ち込むとか。流石にそれは無理です。」
いるんだ・・・世界は広いです。
ちなみに費用は下取り7000円差し引いて、結果125,624円でした。
たっっっっっっっっか
ipad pro 10.5インチ 64G セルラーモデル 84,800(税別
apple pencil 10.800(税別
smart keyboard 17,800(税別
AppleCare 9,400(税別
散財もいいとこです。
ちなみにどーでもいいことですが、レシートがテーブルの下から排出されるのがシュールで面白かったです。
あんなところからレシート出てくるんですね。

開封の儀をしてもらう

「さてこれで購入は完了ですが、セッティングしていきますか?」
基本的に今までセッティングの類は全部自分でしてきました。
apple製品のセッティングは特に難しくないし、家でじっくりやろうかと思いましたが、今回はsimの入れ替えをして欲しかったので頼んでみることにしました。
・華麗なカッター使い
地下のテーブルスペースへ移動し、セッティングの開始です。
マイipad proといよいよご対面。
箱をくるっとひっくり返すと、お兄さんが華麗な手さばきでカッターで切り込みを入れ、ペロンと外装のセロファンをめくってくれました。
ガサツでセロファンぐしゃぐしゃにとってしまう私にはこれだけで感動!
おめでとうございます!
恥ずかしいけどお祝いしてくれます。
これぞ開封の儀。
箱から取り出すとセッティングしていきます。
セッティングは慣れているので自分でさくさく進めていきます。
そして、simカードを移し替えてもらい、通信が繋がることを確認するとめでたく開通。
マイipad proが完成したのでした。
今回はsimの入れ替えを頼みましたが、自分でしても恐らくすごく簡単だと思います。
・ここでお姉さんと選手交代
「ここからはこちらの者が担当します。」
まさかの選手交代宣言。
爽やかなお兄さんにお礼を言うと、笑顔で立ち去っていきました。
さて新しいお姉さん。
apple pencil とsmart keyboard のセッティングを手伝ってくれます。
かわいいお姉さんですが、どこか抜けている。
ちなみにどちらのセッティングもすごーく簡単です。
apple pencil はipad pro の充電器挿しこむところに挿しこむだけ。
はじめは下手するとポッキリいってしまいそうで差し込むのがちょっと怖いです。
あと挿しているときの姿がなんかマヌケ。
smart keyboard もカチっとはめ込むだけで認識してくれます。
あまりの簡単さに教えてもらうことも特になかったので、メモを開いてタイピングして見せようとしました。
「わーすごい、ほんとにはめるだけで使えますねー。」
とか言いながら使おうとした瞬間、開いたメモはicloudで一瞬で同期され、表れた過去の恥ずかしい日記。
タイピングして見せるはずが一瞬で開いたメモを閉じました。
「何かお仕事とかで使われるんですか?」
先ほど見栄をはったのが急に恥ずかしくなり、
「いや・・まぁ仕事でも使いたいんですが趣味の延長というか・・機械物好きなので・・。あとイラストとか趣味なので・・。」
と答えると
え・・趣味ですかすごいですね。
と完全に引いてました。
そりゃこんな小娘がこんな大金はたいて趣味に使うとかどんだけだよね。
・smart keyboard が浮いちゃう?
簡単に取り付けたsmart keyboard ですが、キーボードの手前が若干テーブルから浮いていました。
デモ機ではあまり気にならなかったので、恐らく新品でまだ固いからだろうなーと思っていましたが、お姉さんが動揺していました。
「あれ、なんか手前浮いちゃいますね。」
「きっと使っているうちに馴染んで浮かなくなるとは思うんですけどね・・・。」
でもブログを漁っているときに、キーボードの手前が浮くっていう記事を読んだな・・個体差あるのかな、ハズレかな。
と一瞬つられて不安になる私。
そして私以上に動揺するお姉さん。
近くにいたスタッフに助けを求め、案の定
「使っていくうちに馴染んで浮かなくなるので大丈夫です。」
とあっさり言われました。
がんばれ、お姉さん。
「すみません、他に何か気になることないですか?」
「あの、これスマートカバーみたいに他の形にはできないんですか?傾斜を緩くしたりとか(もしかしたら私が知らないだけで他の形があるのかも)」
「ないですね。キーボードとカバーの役割だけなので。」
「ありがとうございました。」
私は表参道appleを後にしました。
ちなみにその後キーボードはすぐに馴染んで、テーブルから浮かなくなりました。

まとめ

・店舗で買うと優しいお兄さんと触れ合えるよ!(誰が来るかは選べません
・その場でiphoneをすぐに下取りしてもらえるよ!
・開封の儀が恥ずかしいけど嬉しいよ!
・ちょっとどじっこなお姉さんに癒されるかも!
・その場でセッティングして持ち帰れるから、わくわくした帰り道になるよ!

久しぶりに店舗で買いましたが、イベント感があってすごく楽しかったです。
mac bookがすごく軽く薄くなってるのは羨ましかったー。
思わずいろいろ欲しい気持ちが出てくるのには注意です。
ちなみに店舗では写真の加工や、簡単なプログラミングを教えてくれるクラスも行われています。
今度はそれに参加してみたいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です